脱毛コラム

見えないところまできれいにしよう

アンダーヘアの脱毛して当たり前

アンダーヘアの脱毛
女性のエチケットとして、アンダーヘアまで脱毛することが昨今は流行りとなっています。
彼の家へお泊りするときなど、いつ起こるかわからないシチュエーションに備えて、計画的にアンダーヘアを整えておくことが大事な作業になります。具体的に作業へ入る前に毛における正しい知識を身につけることとなりますが、デリケートな部位は自己処理のトラブルを減らす努力が大切になってきます。さらに毛が再び生えるときに痒さや赤みを帯びることをやめたいならば、専門的な技術を持つ脱毛サロンや医療機関を利用することが賢明です。

清潔な環境をキープ

女性にとっては清潔な環境をキープできる理由から、若い世代でアンダーヘア脱毛が人気となっています。体臭を激減させることに成功した内容や男性からの受けが良いということが挙げられ、出会うチャンスまで増やすことが期待されています。それから自分自身が好きになり自信が湧いてきたという喜びの声まで届いており、アンダーヘア脱毛はその後の生活に大きな影響をもたらします。脱毛における価格は医療機関が高額になりがちですが、きちんとしたケアまで行うところを選ぶ方が後々良い結果をもたらします。

女子力を人より向上させて、素敵な恋を経験することがアンダーヘア脱毛の魅力となっています。ゆえに見えないところまでケアできる女性は、皆の憧れの存在となります。

汗が原因となるワキガと自己処理によるワキガの改善について

厄介なワキガの原因

ワキガに悩む女性
ワキガになる原因は、アポクリン腺から出る汗が脇毛につくことにより、脇毛に異臭を放つ成分がつくことが原因となります。

そのため、ワキガの臭いはアポクリン腺から出る汗から臭うので、脇毛が生えやすい人ほどワキガがキツくなる傾向にあります。

また、他の人より汗を多くかく人も脇毛につく異臭を放つ成分がつくことになるので、ワキガになりやすいです。

けれども、汗をあまりかかない人でもワキガが長いと、ワキガの臭いががキツくなることもあります。

また、アポクリン腺と違って一般の汗が出る汗腺となるエクリン汗腺は、エクリン汗腺から出る汗とアポクリン腺から出る汗が混じると、汗の臭いがキツくなります。

その影響により、脇毛に繁殖する雑菌が多くなるので、脇毛を処理しない人ほどワキガの臭いがキツくなります。

保湿することで剃刀で深剃りするリスクを減らす

脇毛を自己処理する際は脇は目に見えない部分となるので、自己処理するのに手間取ることがあります。

なぜなら、脇は皮膚が薄い部位となるので、脱毛テープや毛抜きを使うと肌に強い刺激を与えることになり、肌のトラブルを招くからです。

そのため、脇毛を自己処理する場合は剃刀での自己処理が基本となりますが、脇に刃が触れることで肌を傷つけやすいです。

なので、ワキガを改善するために脇毛を自己処理する際は、剃る前に脇の保湿をしっかりと行うのがポイントとなります。

また、保湿することで剃刀で深剃りするリスクを減らすことができるので、肌に与えるダメージを抑えつつワキガの臭いを抑えることが可能となります。

シェービングクリームを使わない事による埋没毛

埋没毛に注意!!!

埋没毛について考える女性
体毛の処理方法に関わるポイントの1つに、シェービングクリームがあります。それを使う事自体に、大いに意味があるのです。全くそれを使用していなければ、埋没状態になる事もありますから、注意を要します。

シェービングクリームは、少なくとも肌に対するダメージと大きな関連性があります。カミソリなどで処理を行いますと、肌に対して少なからずダメージが生じてしまう事もあるでしょう。それには、明らかに鋭い刃が付いているので、肌を傷付けてしまう事はよくあります。しかし上述のクリームを使ってあげれば、その肌に対するダメージも軽減しやすいのです。

ところが人によっては、シェービングクリームを使わずに、カミソリでお手入れを行っています。それは、大いに問題があるのです。

やはりそれを使わない状態ですと、肌にダメージが生じてしまう事だけは間違いありません。当然、それはあまり嬉しくないでしょう。

埋没毛という状態

ところで埋没毛という状態は、肌に対するダメージと大きな関係があるのです。やはり肌に対して傷などが生じてしまうと、どうしても埋没しやすくなってしまいます。

つまりシェービングクリームを使わない状態で自己処理を行ってしまうと、埋没毛になる確率も高まるのです。ですから埋没毛を防ぎたい時には、必ずシェービングクリームを使って、処理をする必要があります。

産後の脱毛の注意点について

産後のムダ毛処理について

産後の女性
産後はホルモンバランスの変化により、ムダ毛が生えやすくなる上に肌が敏感な状態となります。

妊娠中は、女性ホルモンとなるエストロゲンやプロゲステロンが増加し、女性ホルモンが胎児の体に行き渡ることになります。

その影響により、妊娠中の女性の体は女性ホルモンより男性ホルモンの方が数が多くなるので、ホルモンバランスが乱れることになります。

その上、産後でも男性ホルモンの方が割合が多いので、産後に脱毛施設に通っても脱毛効果を得にくいです。

なぜなら、脱毛施設での脱毛は光やレーザーを肌に当てて毛根部分を死滅する仕組みなのですが、産後の女性の体は毛根細胞が機能していないからです。

自己処理によってムダ毛を処理

産後に脱毛する場合は脱毛施設に通っても脱毛効果を得にくいので、自己処理によってムダ毛を処理することになります。

けれども、産後の肌は敏感なので誤った自己処理を施すと、肌のトラブルに追われやすくなります。

理由は、剃刀は肌に直接刃を当てて剃り、毛抜きだと毛を抜く際に周りの皮膚も引っ張って肌の表面を傷つけることになるからです。

ちなみに、産後の脱毛にこだわる場合家庭用脱毛器を使っても、家庭用脱毛器は光線を使うので産後に脱毛しても効果を発揮しません。

そのため、ホルモンバランスが整う半年までは脱毛でなく、電動シェーバーによるムダ毛処理を施すのが最適となります。

電動シェーバーは、剃刀と比べて産後にムダ毛処理を行っても肌を傷つけにくい上に、毛抜きと違って広範囲のムダ毛を短時間で処理できます。

そして、産後から半年経ってホルモンバランスが整ったら、電動シェーバーによる自己処理から脱毛施設での脱毛に変えて脱毛に励むのがお勧めとなります。

他店の体験で比較したいと告げて勧誘を断る

脱毛サロンの勧誘がしつこいなら

勧誘を嫌う女性
脱毛サロンの勧誘を上手く断りたい時には、比較したい旨を伝えてみるのは有効です。その旨を伝えますと、サロンも意外と引き下がってくれる傾向があります。

例えばあるサロンから、強い勧誘が行われてきたとします。いかにも契約を迫っている雰囲気です。しかし自分が求めていたサービスと違うので、断りたくなる事もあるでしょう。

そういう時に、他のお店と比べたいという旨を伝えてみる訳です。あくまでも他のお店の体験脱毛を受けた上で、比較したいと言ってみるのです。

この際に、「体験脱毛」と話す点がポイントです。単に比較したいと言うだけではありません。

というのもカウンセリングの担当者は、他のお店との比較材料を準備している傾向があります。他のお店とどのように違うか、一覧表などが準備されている事もあり、かえって営業トークに飲まれてしまう可能性があるのです。

あまり強い勧誘を行えない理由がある

それに対して体験という一言を添えますと、来店客はお店から出ざるを得なくなるでしょう。体験する為には、そのお店に訪問する必要があるからです。

ここまで言うと、脱毛サロンのスタッフとしても、あまり強引に話す事はできません。むやみに強引に話してしまいますと、口コミなどに書かれてしまいますから、あまり強い勧誘を行えないのです。ですから「他店の体験脱毛と比べたいです」という一言を告げてみると良いでしょう。