汗が原因となるワキガと自己処理によるワキガの改善について

厄介なワキガの原因

ワキガに悩む女性
ワキガになる原因は、アポクリン腺から出る汗が脇毛につくことにより、脇毛に異臭を放つ成分がつくことが原因となります。

そのため、ワキガの臭いはアポクリン腺から出る汗から臭うので、脇毛が生えやすい人ほどワキガがキツくなる傾向にあります。

また、他の人より汗を多くかく人も脇毛につく異臭を放つ成分がつくことになるので、ワキガになりやすいです。

けれども、汗をあまりかかない人でもワキガが長いと、ワキガの臭いががキツくなることもあります。

また、アポクリン腺と違って一般の汗が出る汗腺となるエクリン汗腺は、エクリン汗腺から出る汗とアポクリン腺から出る汗が混じると、汗の臭いがキツくなります。

その影響により、脇毛に繁殖する雑菌が多くなるので、脇毛を処理しない人ほどワキガの臭いがキツくなります。

保湿することで剃刀で深剃りするリスクを減らす

脇毛を自己処理する際は脇は目に見えない部分となるので、自己処理するのに手間取ることがあります。

なぜなら、脇は皮膚が薄い部位となるので、脱毛テープや毛抜きを使うと肌に強い刺激を与えることになり、肌のトラブルを招くからです。

そのため、脇毛を自己処理する場合は剃刀での自己処理が基本となりますが、脇に刃が触れることで肌を傷つけやすいです。

なので、ワキガを改善するために脇毛を自己処理する際は、剃る前に脇の保湿をしっかりと行うのがポイントとなります。

また、保湿することで剃刀で深剃りするリスクを減らすことができるので、肌に与えるダメージを抑えつつワキガの臭いを抑えることが可能となります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*