産後の脱毛の注意点について

産後のムダ毛処理について

産後の女性
産後はホルモンバランスの変化により、ムダ毛が生えやすくなる上に肌が敏感な状態となります。

妊娠中は、女性ホルモンとなるエストロゲンやプロゲステロンが増加し、女性ホルモンが胎児の体に行き渡ることになります。

その影響により、妊娠中の女性の体は女性ホルモンより男性ホルモンの方が数が多くなるので、ホルモンバランスが乱れることになります。

その上、産後でも男性ホルモンの方が割合が多いので、産後に脱毛施設に通っても脱毛効果を得にくいです。

なぜなら、脱毛施設での脱毛は光やレーザーを肌に当てて毛根部分を死滅する仕組みなのですが、産後の女性の体は毛根細胞が機能していないからです。

自己処理によってムダ毛を処理

産後に脱毛する場合は脱毛施設に通っても脱毛効果を得にくいので、自己処理によってムダ毛を処理することになります。

けれども、産後の肌は敏感なので誤った自己処理を施すと、肌のトラブルに追われやすくなります。

理由は、剃刀は肌に直接刃を当てて剃り、毛抜きだと毛を抜く際に周りの皮膚も引っ張って肌の表面を傷つけることになるからです。

ちなみに、産後の脱毛にこだわる場合家庭用脱毛器を使っても、家庭用脱毛器は光線を使うので産後に脱毛しても効果を発揮しません。

そのため、ホルモンバランスが整う半年までは脱毛でなく、電動シェーバーによるムダ毛処理を施すのが最適となります。

電動シェーバーは、剃刀と比べて産後にムダ毛処理を行っても肌を傷つけにくい上に、毛抜きと違って広範囲のムダ毛を短時間で処理できます。

そして、産後から半年経ってホルモンバランスが整ったら、電動シェーバーによる自己処理から脱毛施設での脱毛に変えて脱毛に励むのがお勧めとなります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*