他店の体験で比較したいと告げて勧誘を断る

脱毛サロンの勧誘がしつこいなら

勧誘を嫌う女性
脱毛サロンの勧誘を上手く断りたい時には、比較したい旨を伝えてみるのは有効です。その旨を伝えますと、サロンも意外と引き下がってくれる傾向があります。

例えばあるサロンから、強い勧誘が行われてきたとします。いかにも契約を迫っている雰囲気です。しかし自分が求めていたサービスと違うので、断りたくなる事もあるでしょう。

そういう時に、他のお店と比べたいという旨を伝えてみる訳です。あくまでも他のお店の体験脱毛を受けた上で、比較したいと言ってみるのです。

この際に、「体験脱毛」と話す点がポイントです。単に比較したいと言うだけではありません。

というのもカウンセリングの担当者は、他のお店との比較材料を準備している傾向があります。他のお店とどのように違うか、一覧表などが準備されている事もあり、かえって営業トークに飲まれてしまう可能性があるのです。

あまり強い勧誘を行えない理由がある

それに対して体験という一言を添えますと、来店客はお店から出ざるを得なくなるでしょう。体験する為には、そのお店に訪問する必要があるからです。

ここまで言うと、脱毛サロンのスタッフとしても、あまり強引に話す事はできません。むやみに強引に話してしまいますと、口コミなどに書かれてしまいますから、あまり強い勧誘を行えないのです。ですから「他店の体験脱毛と比べたいです」という一言を告げてみると良いでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*