ニードル脱毛について

ニードル脱毛について
現在はレーザー脱毛、光脱毛と数種類の脱毛方法がありますが、ニードル脱毛は1980年代までは主流の永久脱毛法でした。
毛が生える周期は、休止期、成長期、退行期というサイクルがあります。
ニードル脱毛は、成長期の毛穴のひとつひとつに細い針を刺し込み、電気を流します。
電気を流された毛乳頭細胞は破壊され、二度と毛を作ることができなくなり、毛が生えてこない仕組みとなります。
ニードル針は、チタンやゴールドで作られた針や、絶縁材でコーティングされている針があり、金属アレルギーを避ける対策も行われています。

ニードル脱毛のメリット

ニードル脱毛最大のメリットは、確実に永久脱毛できる点にあります。
施術は、毛穴ひとつひとつに対して行われるので、レーザー脱毛や光脱毛のように範囲ごとに施術が行われる脱毛方法では対応が難しい、色素沈着した肌や日焼けした肌、埋没毛にも有効な脱毛方法です。

ニードル脱毛のデメリット

ニードル脱毛の最大のデメリットは、強い痛みにあります。
レーザー脱毛や光脱毛と比べてかなりの痛みを伴うために、麻酔対応もされていますが、麻酔使用は医療機関のみでの処置となります。
ニードル脱毛は、レーザー脱毛や光脱毛のように範囲ごとにまとめての処置ができません。
毛穴ごとに処置を行い、ひとつの毛穴に対して約10秒程度電気を流すために、施術には時間がかかってしまいます。
時間と手間がかかるニードル脱毛では、1本あたりや施術時間で料金換算されることも多いため、料金も高額となってしまいます。

町田のおすすめ人気脱毛サロンランキングTOPへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*